工夫も大事

大きなメモ

ネームプレートはいろいろな場面で使われます。会社やお店や学校など、ネームプレートを見ない日は無いというくらい、さまざまな場所で使用されています。ネームプレートはとても便利で、仮に相手の名前を忘れてしまった時でも、見ればすぐに思い出すことができます。また、お店では初対面の店員さんの名前がわかると、安心して買い物ができます。この時、ネームプレートに名前以外の好きな食べ物などの情報が入っていると、より好意を感じさせる効果があります。ネームプレートの工夫1つで売上まで変わってしまうということがあるかもしれません。ネームプレートを作成する時は、ただ名前が書いてあるものよりも、楽しいイメージを与えるものが良いです。

ネームプレートを作成する時には、ただ活字で名前を書くだけではインパクトに欠けてしまいます。社内で名前を知らせるだけのものだとしても、印象に残らないものを作成しても意味がありません。ネームプレートはオリジナリティのあるものを作成することをおすすめします。デザインに似顔絵や顔写真が付いていたり、好きなキャラクターや食べ物のことを書いてあるものでも良いでしょう。工夫することで相手への印象を良くすることができます。また、名前を覚えてもらいやすくもなるでしょう。お店の店員さんでしたら、なおさらインパクトのあるネームプレートを作成してみると良いでしょう。お客さんに名前を覚えられて、リピーターになってくれる可能性も高いです。