好みで作れるデザイン

クリスマスカード

化粧箱と言うのは、蓋がついた箱のことであり、箱に紙を張って作る箱のことを言います。通常業務では、蓋と身と言ったパーツに分かれます。身と言うのは、中身のことを指します。無地の物は、そのまま機械加工で作ることが可能ですが、特殊な紙やオリジナルの紙を使って化粧箱を製作する場合、手作業となってきます。もし、なるべく安価に化粧箱を作りたいのなら、手作業を必要としない無地の物が一番です。テクスチャーは、光沢のもの、つや消しやエンボス加工された物等、色々あります。製作を行っている会社では、作る前にかならずサンプルを提示してくれます。制作費は、紙の材質やロットによっても大きく異なりますし、化粧箱の大きさによっても左右されます。

化粧箱を作る時に、簡単にコストダウンする方法があります。それは、中身である身の部分を簡易な造りにし、蓋を見栄えの良い物にすることです。二つを組み合わせて一つのセットになる分けですが、蓋が閉まっていると通常身は見えません。よって、蓋はしっかりした物や模様がついた物を製作し、中身は無地や簡単な形状の物を選ぶと単価が下がります。またサイズに気をつければ、蓋と身は別々のところに注文してもかまいません。よって、身は簡易な箱の製作が得意な会社にオーダーし、蓋は紙の種類が多いところにお願いしても良いのです。かなり裏技的な使い方なため、オーダーに対応してくれないところもありますが、インターネットで探せば見つけるのは難しくありません。